本文へスキップ

四日市市高角町の小児科クリニック。すこやかこどもクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-325-3511

〒512-0923 四日市市高角町694-1

四日市市高角町の小児科クリニック。すこやかこどもクリニック

ようこそ、すこやかこどもクリニックのホームページへ。

当院は院内感染防止のため、一般診察と予防接種の入り口、診察室を完全に分離しています。また、待ち時間軽減のためインターネット(携帯・パソコン)による順番予約システムを採用しています。
*初めて受診される方、診察券番号を忘れた方、インターネットをご利用になれない方は、受付窓口までお電話にてお問い合わせください。

お知らせ

  • インフルエンザワクチン延期のお願い (H30.12.03更新)

    今年度はインフルエンザワクチンは不足しないとの国の説明がありましたが、今年度もワクチンの供給制限があり希望数が希望の時期に納品がされない状況になり、予約を継続すると12月にインフルエンザワクチンが不足する恐れがあったため11月1日に新規の予約受付を終了させていただきました。12月に入るとある程度の数が納品されると期待していましたが、11月末に「全国でインフルエンザワクチンの需給が一時的に 逼迫(ひっぱく)しているとして、厚生労働省は、製造会社と卸売業者に対し、ワクチンの在庫管理と流通を改善し、医療機関への安定供給に努めるよう、協力を要請した。」という報道がありました。12月4日に納品がありましたが、希望数は納品されず、わずか1日分の数しか納品されませんでした。次回の納品は来週になると卸から説明があり、完全にワクチンが足らなくなってしまいました。既に予約をお取りいただいた皆様には非常に申し訳ありませんが、予約日にワクチン接種をすることが不可能な状況となってしまったため、ワクチン接種の延期のお願いの電話を入れさせていただきます。厚労省予防接種室は「12月第2週頃には、供給が増えて、問題は解消する見通しだ」と説明しており、信用できませんが12月中旬にはある程度のワクチンが入荷されると思われますので、予約をお取りいただいたのにこのような状況になってしまい大変申し訳ありませんが、ワクチン接種の延期にご協力をお願いいたします。なお、連絡が取れず、予約当日に来院された場合も、ワクチンの在庫が無ければ接種できませんので、日時の変更をお願いさせていただきますのでご了承ください。(H30.12.03)
  • 駐車場について

    駐車場の駐車位置、車の流れを変更し、隣の薬局に直接車で行くことが可能となりました。車の流れが変わりますので駐車場で事故が無いようご注意ください。(H30.08.20)
  • 四日市市・川越町の子ども医療費の窓口負担無料化について

    四日市市・川越町で平成30年4月から0歳から6歳到達年度末まで(4月1日生まれは前月末日まで)の子どもの医療費について、窓口で支払いをせず、その場で助成が受けられる「窓口負担無料化」が始まります。対象者の方は受診の都度現物給付方式用の受給資格証の提示住所確認が必要になります。現物給付方式用の受給資格証を忘れた場合は、これまでどおり窓口で負担し、後日助成となります。詳しくは市町にお問い合わせください。(H30.03.26)
  • 日本脳炎ワクチンの予約を再開しました。

    日本脳炎ワクチンの供給体制が整いましたので、ネットでの予約を再開させていただきます。(H29.12.21)
  • 自動車での来院時に注意してください

    クリニックの前の道路が片側2車線になり、中央分離帯ができました。直接四日市方面からクリニックに入れなくなりましたので、次の信号でUターンされるか、回り道をしてご来院ください。菰野方面へ帰られる方は右折できなくなりましたので、ご注意ください。また、前の道を走る車のスピードが速いため出入りにはご注意ください。(H29.6.19)
  • 昼休みの電話対応について

    これまで昼休みの時間帯(午後0時から3時)も電話対応をしていましたが、平成29年6月1日からは昼休みの時間帯はスタッフが不在になるため電話対応ができなくなります。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、御用の方は診療時間内にお電話いただきますようお願いいたします。(H29.06.01)
  • B型肝炎ワクチンについて

    B型肝炎ワクチンは平成28年10月1日から定期接種になりました。対象は、平成28年4月1日以降に生まれた1歳未満の児です。標準的な定期接種のスケジュールは生後2か月で1回目、1回目の接種から27日以上あけて2回目、1回目の接種から139日以上あけて3回目になります。定期接種で受けられる期間は1歳未満ですので、平成28年4月1日〜7月31日までに生まれたお子さんは、1回目の接種開始が遅れると3回目が定期接種期間内におさまらないことも想定されますのでご注意ください。1歳を超えた場合は、任意接種として全額自費で受けることになります(四日市市在住の方のみ平成28年4月1日から平成28年9月30日までに出生した児は1歳以降も平成29年4月1日から平成29年9月30日の間に限り任意接種として全額公費負担で接種することは可能です)。また、HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険の給付によりB型肝炎ワクチンの接種を受けた児については定期の予防接種の対象にはなりません。(H28.9.30)
  • おたふくかぜワクチンについて

    おたふくかぜワクチンは、現在、任意接種(有料)ですが、四日市市、川越町、朝日町に加え平成28年4月1日から菰野町でも一部補助が出るようになりました。おたふくかぜワクチンの接種をご希望される方は、市町にご確認のうえ補助券を持参し、ご来院ください(補助券がない場合は全額自費になります)。その他の市町に関しては各自治体にご確認ください(H28.4.11)
  • 予防接種について

    平成26年6月から月曜日の午前中は清水医師がワクチンを担当することになりました。清水医師は当院の理事長で、普段は津の上津台小児科クリニックで診療されています。ワクチンと診察を分担することにより、ワクチンの待ち時間を短縮することができますので、ご予約ください。(H26.5.23)


PC版